代表者略歴

1970年(S45) 広島市生まれ。9才からマイコンを触り始め、14才でパソコン向けパッケージソフト開発を行ったことが縁となり、以後20才までの数年間で技術系雑誌への記事執筆などを数多く手掛ける。23才まで産業系ソフトウェアエンジニアとして活動した後、家業である不動産屋を継ぐための修行として地場大手不動産会社の営業職に従事していたが、バブル崩壊後の長期不況により家業が廃業に至ったため退職し、30才で再び産業系ソフトウェアエンジニアとして業界にカムバックして現在に至る。ソフトハードに関する深い知識を必要とする実装難易度の高い受託ソフトウェア開発をこれまで数多く手掛けている。宅地建物取引士。広島大学経済学部卒。広島大学大学院工学研究科博士過程中退。